So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

年末年始 ためましたが、一番楽しかった♪  「勝手にふるえてろ」 [映画]

勝手に_R.jpg前回以降 年末年始を挟んで
「オリエント急行殺人事件」
「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」
「パーティで女の子に話しかけるには」
「勝手にふるえてろ」
「AMY SAID」
「希望のかなた」
を見ました。
Netflixお試し期間だったので、LGBT系の作品3本も見てますが。ここは劇場公開のみということで。
「オリエント急行」はセルゲイ・ポルーニン目当てで。出番は少なかったですが、華麗なるダンサー的キックが見れて、よかったです♪セリフが少ないのは俳優ではないからでしょうが、これから俳優業もしていくつもりなんだろうなあ。
映画納めは「ヒエロニムス・ボス」でした。初海外でプラド美術館に寄ったのですが、定休日だったので、入れず。そこにこんな素晴らしい作品があったなんて!!ということで見に行きました。謎が多くて素敵な作家です♪パトロンがいるのさえ、素敵なことです。本物が見たくなります。
そして2018年映画はじめは「パーティ」でした。子供を食い物にする、という文字通りの毒親の話にも見えますね。エンの母親からの自立にも見えます。宇宙人の音楽や立ち居振る舞いが最高でした!
評判のすこぶるよい「勝手にふるえてろ」、松岡茉優でずっぱりの力演とかなり時間をかけて撮ったミュージカルや毎日の場面、すごいです。たいしたものです。面白かったけど、私なら二のような男は苦手なので、うまくいかないんだろうな。そこが違うんだろうな~♪綿矢りさとは相性がいいみたいなので、原作も読みたいです。楽しかった!
三浦さん目当ての「AMY SAID」でしたが、役者がおのおのの見せ場を順にしているようで、力のある俳優さんたちでも演出や脚本でダメな芝居になる、の見本みたいで残念でした。「自分たちが作った映画なんて誰がみる?」「自分たちだ!」はないと思います。映画は人に見てもらって初めて映画となります。自己満足がテーマだったのかもしれません。
カウリスマキの「希望のかなた」は変わらぬカウリスマキ味です。最後は救われない気持ちにも少しなります。日本語タイトルは原題ではありません。それでもいい人達はいい人なのです。
さて、2018年、どんな映画に出会えるでしょうか?
(C) 2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。