So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

フランスのマンガ原作バレエもの 「ポリーナ、私を踊る」  [映画]

pori-na_R.jpg前回以降 
「彼女がその名を知らない鳥たち」
「アトミック・ブロンド」
「YARN」
「マイティソー バトルロイヤル」
「ポリーナ、私を踊る」
を見ました。
評判のすこぶるよい「彼女がその名を~」は確かに俳優さんたちが力演で、見甲斐があります。クレーマー部分はイラつきます。この展開どうよって監督のどや顔が浮かびそうなところでもまあ、いいのですが、最後がなんせ腑に落ちません。タイトルの所以なので、そのオチなんでしょうが、彼女が今後幸せになるとは到底思えないからです。最後まで彼は彼女を守るのが筋なんじゃないかと思うとなっとくできずに帰ることになりました。まあこういう話だから仕方ないんだろうけど。それ以外はすごくよくできてます。
「アトミック・ブロンド」はマジで殴り合いって感じが好印象。この監督は話はどうでもいいので、アクションさえ見れれば。体張ったアクションに拍手です。
試写でみた「YARN」は編み物アートのドキュメンタリー。4人のアーティストにスポットを当てています。確かに編み物って誰でもできるので、低く見られがち。日本人の作る子供用ハンモックは面白かった。ほか3人も面白い活動をしていてアート業界の人に見てほしい感じ。ただゲリラ的に自作を貼り付ける活動だけはどうも納得できないですけど。
ソーのファンなので、コメディであろうといった「バトルロイヤル」。なんか結果お父さんが悪いんじゃないですか。自分で責任とれよって思いました。まあ楽しく見れればそれでいいんですけどね。長髪とハンマーを戻してほしいです。
ついバレエものは見てしまう「ポリーナ」。ドキュメンタリーではなく、フランスのグラフィックノベルつまりマンガ原作です。日本でいうとスポこんものになりがちですが、これはそうじゃない。割と淡々と過ぎていきます。クラシックバレエからコンテンポラリーへと移行していくヒロインが、美人だけど、割と無表情で、淡々さ加減が増しますw。予告でみたジュリエット・ビノシュがゲスト扱いかと思ったら、ガチで踊っていたので、ビックリ。尊敬が増した。振付でプレルジョカージュが入ってるし、バレエ的に見どころ満載。実際、彼女はバレエ団やめて振付と女優めざしているらしい。つまりわりとリアル。
(C) 2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema (C) Carole Bethuel - Everybody on Deck

nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。