So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

何も起こらない日常の愛おしさ 「パターソン」 [映画]

360440_001_R.jpg前回以降 
「わたしたち」
「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」
「ダンケルク」
「パターソン」
を見ました。
全部評判のいい作品が揃ってますw。「わたしたち」は公開前にあいち国際女性映画祭でみてきました。いじめの構造がとても自然に描き出されていて秀逸です。ただ最後のキーワードが私は一抹の不安を覚えます。みなさんはそれではっとする、ということで、もちろん主人公もそうなのですが、状況、立場によってはDVにつながっていくのではないかという危惧です。これはその関係性に関わるので一概に言えませんが、そこがどうしてもひっかかってしまいます。そのほかは素晴らしいと思います。ぜひ多くの人に(特に教師)見てほしいです。
「ボブ」はねこブームに則った作品かと思いましたが、そうでもなく、とてもかわいい現代のおとぎ話のようなお話でした。実話ってとこが震えますね。ボブさん自体が本人ですからね。ラストにご本人も出演されてますが(エンドクレジットも)、まさにジャンキーからの復活!素晴らしいです。猫飼いたくなりますね。
「ダンケルク」はまじめなまじめな映画でした。エンタメ性はほぼなく(派手な肉体破壊もない)、主人公も特にいない、時間の経過がわかりにくい作品でしたが、私は地味に楽しんでました。
「パターソン」評判いいので、どうなんだろうと思ったら、本当に何も起こらない、素敵な日常を描いてて、結婚っていいなって素直に思った作品でした。パターソンみたいな人と暮らしたい。全肯定ですからね。うらやましい。うちの父親がバスの運転手だったのですが、日本だと全然ストレスが違うと思うな。あんなに平和そうじゃなかった。永瀬くんもおいしい役でした。メス犬ちゃんもオス犬ちゃんの役(?)でたいへんだっただろうな。猫も犬も捨てがたい…
Photo by MARY CYBULSKI (C) 2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。