So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

楽しい青春映画   「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」 [映画]

ファーフロム_R.jpg前回以降 
「theFace Vol.2 根矢涼香特集」
「スノー・ロワイヤル」
「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」
「エリカ38」
を見ました。
根矢涼香ちゃんの特集は1プロだけ見ました。短編3作品ですが、野本梢監督の作品めあて。どれも素敵な根矢ちゃんでした。
かなり期待値上がってた「スノー・ロワイヤル」ですが、意外と淡々と事が進むので、拍子抜け。お兄ちゃんが可哀そうだったなあ(弟想いのいいお兄ちゃん)。まあ、関係ない2つの組織をたたかわせちゃう展開が不条理で楽しかったかな。割と奥さん方がみなシビアなので、監督は意外と女嫌いなのかな、とも思いました。もっとリーアムのはっちゃけを期待してましたが、これはこれでいっか。元の作品見たいです。
「スパイダーマン」はただただ楽しかった。ジェイク好きなので、ただのいい人なわけないって思ってしまうのがダメなんだよね。青春だなあ。そしてもうすでにこれはVRで見ることを想定してるんだろって時代の流れを感じました。
浅田美代子が38歳と言い切る「エリカ38」、その事実を見に行きましたが、思ってた事件と違ったように見えたので、残念でしたし、やはりアップだときつい。人のことは言えないけど、無理!樹木さんのバックアップだったんだけど、活かせずといった感じ?でもそのせいか、けっこう入ってたので、びっくりしました。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

トリアーの「地獄」   「ハウス・ジャック・ビルト」 [映画]

ジャック_R.jpg前回以降 
「メン・イン・ブラック・インターナショナル」
「ウィーアーリトルゾンビーズ」
「ハウス・ジャック・ビルト」
を見ました。
「メン・イン・ブラック・インターナショナル」は、あまり思い入れもなかったのですが、クリス・ヘムズワース好きなので、見ました。うん、楽しかったけど、まあ黒幕も予想できるし、どうでもいいよ。頭空っぽムービーはストレス解消になるしね。
期待してたけど、めちゃ早く終わりそうだということで、急いでいった「ウィーアーリトルゾンビーズ」。好きなタイプの作品かなと思ったけど、見終わったらそうでもなかったかもw。監督の短編が好きだったので、期待してたし、似てる部分も多かったけど、今回はなんか「これできます」といういろいろな技術をみせられたようで、乗り切れなかったとあとで思った。見てる最中はサビのたるさが印象的なテーマ曲にウケたり、盛り上がったりしたけど。ヒロインのセナちゃんは買い!です。あんなに豪華キャストなのに、あんなに多くの方がかかわっているのに、打ち切りになるって、どういうことなんだろう。そしてシネコンでなく、ミニシアターでじっくり育てる作品てことも学んでほしい。劇場と作品の相性というか、あるべき場所を間違うとこうなる感。
トリアーの問題作、ノーカットということで、テンション下がることを前提に見ましたが、けっこう笑わせてくれるので、助かった!とはいえ、殺人に至るまでの雑だからこその緊張感やその後の死体扱いで目をつぶっていたシーンも多々あり!退場者続出と言われたのも納得しました。久々にでずっぱりのマット・ディロンは老けてなく、素敵でしたし、ブルーノ・ガンツの役も納得でした。強迫性障害のサイコキラーというのもおもしろかった。彼はずっと捕まることも望んでいたし、人の無関心が一番怖いんじゃないかと改めて思ったよ。ホント、お勧めしない!!(誉め言葉)
(C) 2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

性善説のファンタジー   「町田くんの世界」 [映画]

町田くん_R.jpg前回以降 
「さよならくちびる」
「町田くんの世界」
「誰もがそれを知っている」
を見ました。
「さよならくちびる」は久々の塩田監督作品ということで。小松菜奈がいまいち好きではないのですが、門脇麦ちゃんは好きなので見ました。まるで今泉監督作品のような一方通行の恋の結果、バンド解散、みたいなんですが、解散理由もよくわかんないし、結局ただの痴話げんかみたいでした。それに振り回されるファンもかわいそう。歌は「さよならくちびる」が一番好きだったので、あいみょん好きでは自分はないな、と思いました。成田君も似合ってます。
主役二人がオーディションなので、周りをがっちり固めました感がある「町田くんの世界」ですが、内容もそのとおり、うぶな二人を周りががっちり固めた、優しい作品でした。もやもやすることがあったので、この作品を見て癒されたし、良い人になれる気がする良作です。もちろん賛否わかれる表現があるのですが、町田くんそのものがファンタジーなので、私は受け入れられました。あんな世界ならみんな多幸感に包まれて生活できるのにな。脚本で入っている片岡さんの世界が広がっている気がしました。片岡版でも見たいです。
大好きなペネロペ・クルスとハビエルの夫婦にあて書きしたときいたので、「誰もがそれを知っている」を観ました。タイトルどおりなのが面白いんですが、ハビエル、可哀そうだったなあ。いいことあるといいねえ。謎解きとしては、そんなに面白くはありませんので、悪しからず。ラテンないい加減さが心地よいです。
(C) 安藤ゆき/集英社 (C) 2019 映画「町田くんの世界」製作委員会

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ちっぽけな人間たち  「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 [映画]

ゴジラ_R.jpg前回以降 
「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」
「アナと世界の終わり」
「長いお別れ」
を見ました。
「ゴジラ」は周りの評判もよかったし、早めに見に行きました。モスラ好きなのですが、幼虫時が短くて残念でした。壮大な夫婦喧嘩とお話は困ったちゃんなんですが、ずっと人間たちが怪獣に挟まれる感じで撮られているのがワクワク感あがりました!日本人なら特攻スタイル、というステレオタイプなシーンは嫌でしたが、まあ始終楽しかったのでいっか~。また続きが見たいですね~。
期待していたゾンビミュージカル「アナと世界の終わり」はテンポが悪くて残念でした。歌自体はよかったりしたのですが、歌いだすとフルでやるので、リズムが壊れるし、もっとミュージカルのよさをゾンビと融合させてほしかったなあ。まあ意外な人間関係が見えて面白いところもあるけど、それで?という感じ。まずはメキシコに行きなさい。
蒼井優ちゃん結婚祝いってわけではなかったけど、ちょうどタイミングよく。よくある認知症の長いお別れが淡々と、2年後、2年後で繰り返されるので、長いんだけど、俳優たちがよかったので、これは演技をみる作品としてみました。松原智恵子さんが兎にも角にも可愛くて♪そしてあいかわらず中野監督は不登校も描きたかったんだなと。甥っ子と似てるのでわかる気もしました。男運の悪い役の蒼井優ちゃんでしたが、ご結婚おめでとうございます。
(C) 2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

どの時代にも自由な人が輝く  「コレット」 [映画]

コレット_R.jpg前回以降 
「キングダム」
「コレット」
「嵐電」
「ハイ・ライフ」
を見ました。
家のPCで映画を見てることが増えたのですが、それ以外で映画館のみがこの4作品。
「キングダム」中国の映画村に行ったことがあり、ロケ地がそこかな~と思ってみたけど、違う気もする…。あのボリュームの映画村がほかにもあるのか?おそるべし、中国。原作未読ですが、読みたくなりました。大沢たかお、最高!!原作もあんなキャラなのか?まるでコミック的な笑みをたたえた姿にハマりました。お話は王道なので、安心して見れます。アクションも坂口さんがいれば安心ですし。楽しかったです♪
キーラ・ナイトレイの「コレット」。よくある女性ゴーストライターの話に転じてしまうのはなあと思っていたら、それだけではなかった。彼女はとても自由で周りの目を気にしない。フェミニズムな内容だけど、実は私はあの夫婦関係がちょっと好きだった。ゴーストライターの話抜きで、ふたりの恋に落ちてから、彼女の浮気相手が女性なら許すというへんなくくりがある夫婦生活が面白かった。作家以外の点で束縛もひどくなく、それ以外はいい夫だった気がするんだよね。ま、一番ダメなとこがダメだったんだけど、なかなか興味ある夫婦生活でした。それでも別れが来るんだなあ。
「嵐電」不思議な世界感の作品でした。大西礼芳ちゃんを堪能する作品だとも思いました。太秦の撮影所など映画のお話も少し絡むので、余計に楽しい。嵐電乗りに行きたい。
「ハイ・ライフ」ロバート・パティンソンが久々によい男に見えた。そしてジュリエット・ビノシュ。圧巻なシーン。それが印象深いけど、それこそがテーマなのかも。赤ちゃんがとても優秀な演技で癒される。とても宇宙空間とは思えないチープさに少しげっそり。そして閉鎖空間は私にはやっぱりキツい。
(C) 2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ファンへの特大サービス  「アベンジャーズ/エンドゲーム」 [映画]

アベンジャーズ_R.jpg前回以降 
「風たちの午後」
「アベンジャーズ/エンドゲーム」
「ドント・ウォーリー」
を見ました。
矢崎仁司監督のデビュー作のデジタルリマスター「風たちの午後」。40年前これを撮ってたことがすごすぎる。あえての音量小さめは彼女たちのリアルな会話を意識して。だからこその水音がずっと耳から離れない。いやあ、本当に感服です。今見てもすごいと思う。
続きを待ち焦がれていた「エンドゲーム」。もう終わりなんだなあと名場面シーン(ゲスト総出演)をみて、じんわり。ファンにはたまらないよねえ。でもそれにまして悲しかったから、複雑な気分に。キャプテン・マーベルが強すぎるので、任せときゃいいし、なんかもっと作戦あった気がするんだけどな。ドクター・ストレンジも何か思惑あってのことかと思ってたわ。哀しい。私はブラックウィドー・ファンです。まあ、これで一区切り。
ガス・ヴァン・サントの「ドント・ウォーリー」はノーマークでしたが、ロビン・ウィリアムスもこの映画化を希望していたときいて、見ることに。ロビンがやればまた違ったのかも、だけど、あまりにピュアで(まじで信じるのか!それで赦せたり、アル中克服できればOKだけど)、ビックリしたわ。実話だから文句言えないけどね。漫画家としてどれくらい評価されたのかも、あまりピンとこなかった。
(C) Marvel Studios 2019

nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今泉監督ブレイクして  「愛がなんだ」 [映画]

愛がなんだ_R.jpg前回以降 
「バンブルビー」
「ビューティフル・ボーイ」
「リベンジャーズ」
「ある少年の告白」
「愛がなんだ」
を見ました。
しばらくトランスフォーマーシリーズ、見てなかったけど、原点っぽいから鑑賞。踏む踏む、原点だね。わかりやすくて、しかもかわいい。犬かって思った。
シャラメくんの「ビューティフル・ボーイ」薬物依存のこわさを実感。何度でも繰り返してしまう怖さ。直すのも大事だけど、簡単に手に入る環境をどうかしないといけないって実感。あいかわらず猫背な感じでアンニュイが似合うな。
ベトナム映画の「リベンジャーズ」は何の情報もなしに見たけど、アクション映画の現場ものから犯罪ものへという流れで楽しかった!コメディ部分が多いし、なんといっても優しい映画!香港映画チックなので、ベトナムのアクションものは好きです。
ミリオン座が移転したので、ハシゴしてきました。「ある少年の告白」はにじいろ映画祭もやってるので、以前から見たかった作品。そう古くない時代設定なのが驚き。アメリカでもこんなんだから、日本じゃまだまだ無理なのかもねえ。宗教の問題もあるだろうけどね。
「愛がなんだ」、狭い劇場でしたが、満席。しかも若い女性多し!成田君ファンなのかしら?(私は岸井ゆきのファンでもある)今泉監督節なんだけど、今までより洗練された感じがあるのは、キャストのせいかな。本当に一方通行の愛を描きたがるね!!私はナカハラパートで泣きそうになったよ。カメラもよいな、と思ってたら岩永さんだった。安定♪カップルできてる方もいて、勇気あるなあと思ってみてたけど、とにかく若い女性にささってるようなので、この勢いで今泉監督もブレイクしてほしいです。
(C) 2019『愛がなんだ』製作委員会

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

10連休前にいっとく久々の下呂旅行 [旅]

ゲロプリン_R.jpgGWはどこも混むから、と10連休前に下呂温泉へ下呂プリン&なっとく豚さんを食べに行きました!
下呂温泉に行くのは、母親とのモニター旅以来です。前回は雪であまり動けなかったので、今回は準備万端。ホテルにチェックイン前に、湯島庵さんでなっとく豚のあぶり寿司を食べる予定で、クーポンを表示したスマホを片手に向かったのはよいのですが、まさかの臨時休業!!定休日はチェックしていきましたが、GWを前にお休みしたい気持ちも十分わかります~。着くなりの予定変更でランチ難民となり果てました。ここは下呂プリンでまずは落ち着こうと、さっそく向かいました(ご近所)。カエルのお風呂をイメージしたかわいい店舗です。私はプリン好きなので、ハードタイプのレトロを選び、相方は可愛さ重視のメロンソーダを。レトロ、最高でした!!お向かいには足湯もあるので、プリン食べながらゆったりもできそう。店内にはイートインスペースもあります。全種類食べたかったな。

炭火_R.jpg昼もそこそこにしてお宿の夕ご飯に挑みました~。飛騨牛ほかの炭火焼きがメインだけど、それまでにもたくさん出てきて、メインになるころにはおなかだいぶいっぱい。しかし、炭火で食べる筍も美味しかったなあ。
温泉もとろみがあり、お肌がすべすべになって、本当に気持ちよかった。休み前は温泉もすいてる!それがねらい目なのだあ。ゆったりまったり過ごせました。
朝ごはんは苦手な和朝食でしたが、おかずの種類も多く、堪能しました。
キムチドン_R.jpgそしてなっとく豚を食べていなかったので、昼は絶対!と宴蔵さんに電話で確認してからGO!なっとく豚を使ったメニューはたくさんあって、悩んじゃった!でも結局なっとく豚のキムチ丼&とんかつに。複数で行くとシェアできていいよね。ようやくなっとく豚さんを食べることができて満足!
連休前に下呂旅行を楽しんできました。連休も盛り上がりますよう。みんなでなっとく豚食べて応援しようねえ♪♪ああ、あぶり寿司も再度チャレンジしたい~♪


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

フィクション部分がよい結果に 「ビリーブ 未来への大逆転」 [映画]

ビリーブ_R.jpg前回以降 
「麻雀放浪記2020」
「ダンボ」
「私はワタシ」
「ビリーブ 未来への大逆転」
を見ました。
斎藤工ファンなのと白石監督なので、公開されてよかった、と早めに劇場へ。しかし…白石監督は三池監督化してるようにも感じるなあ。全然おもしろくなかった~。風刺がきいてるとかそのレベルの話ではなくて、面白い部分がほぼない感じ。麻雀もわからないせいがあるかも?ベッキーもミスキャストな気がするなあ。ドテ子はがんばってたけどなあ。
8ミリのダンボを観たら、飛ばずに落ちてた!!ので、こっちは飛ぶだろうと確認のために見てきました。飛んでてよかったです。ディズニーなのに、テーマパークをディスっていたので、さすがティム・バートンと思いましたが、それくらいでしたね。乗客のように帰ってゆく2頭にビックリしましたが、ダンボは可愛かったです♪
試写で見た「私はワタシ」。いろいろなかたの人生が垣間見れてよかっただけでなく、母親の素晴らしいインタビューもあったので、感激した。多くの方に知ってほしい。
フェミな予告と邦題のせいで、迷ったけど、一応みてきた「ビリーブ」、いや、すっきりしました。途中まではイラついちゃうけど、最終的にはスッキリ。ルースのドキュメンタリーも公開されますが、このドラマのほうでは、娘との関係が大きく流れを変えたので、そこが素晴らしかったな。もち旦那のアーミー・ハマーは最強ですよ。それにしても子育てして、看病して、2つの授業をとるって、最初からスーパーウーマンだな。
(C) 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フェミが怒るテーマだけど  「岬の兄妹」 [映画]

岬の兄妹_R.jpg前回以降 
「ブラック・クランズマン」
「岬の兄妹」
「スモーキング・エイリアンズ」
を見ました。
スパイク・リーの「ブラック・クランズマン」、もっと笑えるかと思ったら、意外とそうでもなかったw。すぐばれそうだしww。黒人だけでなくユダヤ人など人種全般描いているところもよかった(実際KKKはそうなんだけど)。ホント、差別ってばかばかしいって思わせてくれる手腕がさすが。
「岬の兄妹」全国公開してくれて見れてうれしい。テーマがテーマなだけにフェミニストにたたかれそうだけど、彼女は仕事を得て、幸せを知ったと思う。だからこそ、最後映画のあとの二人の選択がどうなのか知りたくなる。どうか少しでも幸せな選択をしてほしい。和田光沙さん、覚えておこう。そしてこれがデビュー作の片山慎三監督も。
「スモーキング・エイリアンズ」は2回目なので、気持ちはゆったり、細かいところをチェックできました。エイリアンはアナログで本人たちが操作してるのを確認w。アクションのキメがあいかわらずかっこよかったな。これ見るとたばこ吸っといたほうがよかったかな、と少し思いますww。
(C) SHINZO KATAYAMA

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -