So-net無料ブログ作成

そうだ、京都へ行こう エキストラ・レポート [俳優]

随分経ってしまいましたが、先日京都の撮影所にエキストラしに出かけました。炎天下の元でしたが、ミーハーな私はうはうはすることも多く、楽しく過ごしてきました。てなことをシアターカフェのブログにアップしました。すいません手抜きで。先週からお出かけ続きで忙しくって~。多分スキップシティのレポートも同じパターンかも。お暇なときにお読みください。あまりにミーハーなので…。ちなみに作品は井上淳一監督「戦争と一人の女」という作品です。公開されるときは、ぜひ見に行ってくださいね!!
こっちです。⇒シアターカフェ 公式ブログ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

佐津川愛美という女優さん 「渋谷」 [俳優]

渋谷.jpgあんなに綺麗に泣ける女優さんはあまり見たことがない。ただ涙を流して悲しい顔をするというだけでなく、心から泣いているように見える。男は女の涙に弱いというけど、実際自分の泣き顔を見てみたら、それはそれはひどいものだった…(くやし泣きのせいでもあるけど)。こんな顔で泣いてるのかと思ったら、少しなきやめられたくらいだ。だから、彼女の泣き顔を見て、「なんちゅー綺麗になけるんや」と感動した。ほぼ素顔(にみえる)の泣き顔のほうが綺麗。カメラマンの綾野くんが何をしたい人なのかよくわからないけど、いい人すぎて、とまどうこともあったけど、二人芝居みたいでおもしろかったです。もっと二人に絞り込んでもいいくらい。今のところ東京と名古屋だけの上映みたいですね。もったいない。ちなみに斎藤工くんの出番は「20世紀少年」より少ないですけど、多分そんなふうかもと思ってたので、そんなにガックリ感はなかったです。佐津川愛美ちゃんはちょこちょこ見てましたけど、「悪夢のエレベーター」もよかったし、今後も本当に楽しみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

いくつになってもガエルくんが好き 「失われた肌」 「太陽のかけら」 [俳優]

太陽のかけら.jpgヘクトール・バベンコ監督の作品てこともあって、期待していた「失われた肌」とガエルくん監督作「太陽のかけら」どちらもガエルくん堪能できて嬉しかったです。映画をもちろん見ているんですが、どうしてもガエルくんの姿ばっかり追ってしまってダメですね。久々に満腹になるくらい、見れて本当に幸せでした~♪
とラテン系の顔が好きな私はウディ・アレンの「それでも恋するバルセロナ」で同じ状況を味わいました。もともと「ハモンハモン」カップルのペネロペ・クルス&ハビエルペアは大好きだったし、それに加えてラテン系ではないけど、小さな頃から追いかけてたスカーレット・ヨハンソンの顔も大好きなので、この映画も3人見てるだけで「幸せ~」と萌えながら過ごしてしまいました。3人思いっきりからむしね。嬉しかったなあ、私のための作品のようで。ちなみに今現在おうちのパソコンの壁紙は「それでも恋するバルセロナ」(職場のノートは「吸血少女対少女フランケン」です!)!!
(C) CANANA FILMS S.A. DE C.V. - 2007


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アカデミー賞 ヒュー・ジャックマンに惚れ直す [俳優]

「おくりびと」や「つみきのいえ」で盛り上がったアカデミー賞でしたが、今年は全く別の楽しみもありました。それは司会のヒュー・ジャックマン!どんなふうにもりあげてくれるのか、ちょっぴり心配ではありましたが、まったくの杞憂で、最高に素敵なショーを見せてもらいました。歌って踊れるってすばらしいな。セットも不景気のおかげ(?)で「僕らのミライへ逆回転」風の手作りっぽい感じでとても好感もてましたし。アン・ハサウェイの出番だけは衣装も着替えてたし、で準備万端感もありましたが、まあ楽しくてよかったです。オーケストラが後ろに回ったおかげでステージと客席が異常に近くて、それも親近感あふれてて、よかったです。その足で「オーストラリア」のキャンペーンで来日したヒュー・ジャックマンですが、そこでも好印象ないい人で、株上りっぱなしです!絶対性格よさそうだもん。ただし、「オーストラリア」を見るかと聞かれるとちょっと迷うとこなんですがね。
来年もアカデミー賞の司会はこんなふうに素敵な俳優さんに任せてほしいな~。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る