So-net無料ブログ作成

音楽ノリも楽しい 「ベイビー・ドライバー」  [映画]

ベイビー_R.jpg前回以降 
「怪盗グルーのミニオン大脱走」
「逆光の頃」
「お江戸のキャンディ2」
「スパイダーマン:ホームカミング」
「マイライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン」
「ベイビー・ドライバー」
を見ました。
「怪盗グルー」は投げっぱなしのエピソードに非難集中してるみたいですが、まあ大した話ではないので、どうでもいいのかと。名子役だった怪盗バルタザール・ブラットの衣装や音楽など80年代がリアルな世代には楽しかったです。なんにも考えずに楽しいってことでは夏休みピッタリでは。
「逆光の頃」は「ももいろそらを」「ぼんとリンちゃん」の小林監督なので、行きました。高杉真宙主役の京都案内みたいでした。美しい日本を再発見てな感じですね。かわいい彼女もいて、伝統の仕事がある、素晴らしい環境だな、おまけにイケメンだし。うらやましいとしか思えない美しい作品。それだけ。
美しいといえば、「お江戸のキャンディ2」も。話は1と同じでほぼないに等しい。トリウッドと組んで映画の世界に入るのかと思いきや、宇宙へ飛んだね。しかも死んじゃったりしたら、帰ってこない。あああ、もったいないなあ。皆さん、美しかったです。それだけ。
「スパイダーマン」の青春を描いたホームカミング、とにかく若造で、かわいい。孤独な苦悩はない。ちゃんとバディがいるから。そして衝撃のMJ~。まあ「シビルウォー」の続編ですからね。最初の自撮りビデオ、現代らしくてよかったです。マイケル・キートンの設定もよかった。
レフン監督ファンなので、「マイライフ~」見ました。「ドライヴ」が大ヒットしちゃって、自作の「オンリーゴッド」当たんなかったらどうしよう~そもそも当たるはずのない作品じゃん、って苦悩してるレフンを奥様が撮ってるという需要の少ない(?)ドキュメンタリー。やっぱりヒットした次回作ってすごくプレッシャーなのね。あんな作品作ってる人だからひょうひょうとしてると思ってた。なぜかホドロフスキー監督がタロット占いをしてるのがツボ。当たるのか?!
大好評の「ベイビー・ドライバー」楽しかったです。音楽は知ってる曲はすくなかったんだけど、銃弾とかいろいろな音と合わせてて、楽しかった。冒頭のカーチェイスも素晴らしいし♪ハリウッド進出ということだけど、イギリス臭、すごくしたなあ。最後ケヴィン・スペイシーが甘々なのは気になるけど、楽しかったです♪

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

天才!天は二物を与えます 「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」 [映画]

359253_002_R.jpg前回以降 
「ダイ・ビューティフル」
「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」
「銀魂」
を見ました。
予告だけでも期待値大だった「ダイ・ビューティフル」、意外と編集で時系列をいじってるので、わかりにくいという評判も。しかしそれも楽しいんじゃん。顔はめちゃ美しいけど、ガタイがごついので、勿体なかったけど、本当に化粧映えするのよね。男でも女でも美しい人は美しいね。娘とのエピソードが少し物足りない感じでした。バーブがとにかくいいやつ!!
バレエものはどうしても見てしまう「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン」。もう6才のころから明らかに出来上がってる!天才!!そんな天才を母親が見出し、一家離散になるまでお金をつぎ込むことになります。あの母親あってのセルゲイ、だからセルゲイの憎しみもわかります。自分が家族を不幸にした、ということから自分を許すことができない…。天才ゆえの苦しみ、孤独も描けてて、もうずっと胸キュンでした。天はに物を与えますねえ。目に見える天才っぷりがすごかったし、ものすごく美しかったです(でも父親がかなりタイプでした!!)家族が全員で彼を才能を応援した、それは家族も本望だったのだと思います。ああ、本当に天才ているんだなあ♪
周りも面白かったと言ってた「銀魂」は、CGとかけっこうキツイので、テレビサイズの作品だなあと少しがっかりしました。俳優たちの渾身のB演技は素晴らしいと思います。ある意味「絶対に笑ってはいけない」シリーズの演技みたいですよね。割と有名な方々が「え?それやるの?」ということに挑戦する、みたいな。そこは俳優さんたちの力を買いますが、ギャグ自体、とかセンスがイマイチ私に合わなかったのか、ふーんという感じになってしまいました。CG薄い分、エリザベスの株があがったわけですね。納得でした。
(C) British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016



nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る