So-net無料ブログ作成

違う角度からの反戦映画 「ハクソーリッジ」 [映画]

359061_007_R.jpg前回以降 
「ハクソーリッジ」
「ありがとう、トニ・エルドマン」
「ディストピア パンドラの少女」
「ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話」
「おじいちゃんはデブゴン」
「リヴォルト」
を見ました。
「ハクソーリッジ」は宣伝でモメてましたが、この内容なら沖縄というか日本戦に限定しなくても戦争であればどこでも同じ状況なので、問題ないのでは、と見てから思いました。どこだって同じです、戦争なんだもん。こういうことなんだもんてことを戦闘シーンでは思い知らされます。ただ、主人公があんなふうに銃も持たないって言ったら、日本だと即刻打ち首だったんだろうな、とは思いました。よくできてたと思います。
おすすめされたし、評判もよかった「トニ・エルドマン」でしたが、私にはまったく響きませんでした。父親との関係のせいでしょうか?全然ユーモアも響かず、面白いはずのエピソードも私にはおもしろくもなんともなかったです。長かったので、つらかった。響く人がいるってことは父親との関係がいい人たちなのかな?決してうちも悪いわけじゃないけど、なんだかなあ。ハリウッドリメイクはジャック・ニコルソンですが、デフォルメされてたらいいのかも。
「ディストピア」は子役たちのハグハグ演技がすごい。笑った。そしてまあ久々に目新しいオチで楽しかった。途中、設定ちがくない?と思いつつも、まあ楽しかったので、許そうと思える。ゾンビものはネタが命!
「ハイヒール」はジェンダーレスのアンドロイドを菊池凜子が演じていると聞いて行ってみた。あはは、オチがちょいホラーだった。でも初期設定おかしいよね、アンドロイドなんだから。足のサイズが違うなんてさ。菊池凜子のシャネルは素敵。でも靴もあれが1番だとは、私は思えなかったんだよね。
「デブゴン」はサモハン・ファンならいいけど、普通に見るとなんだかなあ。確かに子役はかわいかったけど、何日遊びにいってるんやん!とかまあ香港映画にありがちな突込み所は満載です。アンディ・ラウはじめ見た顔が出ているのは嬉しいですし、サモハンの活躍ぶりは嬉しいですが、痴呆ということもあり、けっこうしんみりでした。
「リヴォルト」は地雷かな、と思ったら、やはりけっこうつまんなかった。理由が変だし、いろいろ変。低予算なのはわかるけど、CGもちゃちだし、アイディアも新しいことがない。残念だった~。
(C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016



メッセージを送る