So-net無料ブログ作成
検索選択

3D楽しいかも! 「ドクター・ストレンジ」 [映画]

357823_005_R.jpg前回以降 
ドクターストレンジ
「TEN GOODBYES」
マリアンヌ
「アンチポルノ」
「レミニセンティア」
「モン・ロア愛を巡るそれぞれの理由」
を見ました。
たまってしまったので、詳細書くの諦めますが、「ドクター・ストレンジ」は映像が楽しかったのとマッツ目当てで行きました~。「モン・ロア」は試写です。久々にフランスの濃厚な恋愛ものが見たくて、しかもヴァンサン・カッセルだし、女性監督だし~(リュック・ベッソンの元妻らしい)と言ったら、見事に男と女の気持ちのすれ違いっぷり(この場合、ヴァンサンのキャラが極端すぎるが、そういう奴こそ魅力的なわけで…)がリアルすぎて、キツかった。女性監督なので、女性の立場で見てますが、身体のリハビリしながら、心もリハビリしていくかたちをとっています。ともあれ、まあ男女の気持ちのすれ違うさまよ…。
(C) 2016MARVEL


パンは売り切れたら早く帰ろう  「アイ・イン・ザ・スカイ」  [映画]

アイ_R.jpg前回以降 
「マグニフィセント・セブン」
「未来を花束にして」
「アイ・イン・ザ・スカイ」
を見ました。
「マグニフィセント・セブン」は良くも悪くもリメイクなので、安心してしかも頭カラッポにしても楽しめるという娯楽作品!人種を一通りおさえてあるし、誰からも文句つけられないようにしてる!フークワ監督とデンゼル・ワシントンの信頼関係がバッチリ写りこんでる感があり、デンゼルがカッコいい。クリス・プラットが美味しい役だし、イーサン・ホークとイ・ビョンホンのブロマンス感もよかったです♪
とんでもない邦題が付いちゃった「未来を花束にして」はイギリスの女性参政権を求める運動を描いています。過激だわ~と見てて思いました。でもそれくらいしないと、命をかけないと手に入れられない権利だったのですね。今私たちが男女平等と言ってるのはこの人々の戦いの歴史があってからこそ。敬意を評します。女に生まれた、というだけでなぜ扱いが違うのか、本当に理解できない。それに伴うセクハラ、虐待は絶対許したくない。「この世界の片隅に」をみて、知らないで小さな世界で生きる幸せもあるんだなって少し思ったけど、やっぱりほかの生き方もあるって選択肢があるのが幸せ。
いわゆるドローン戦争的な「アイ・イン・ザ・スカイ」は予告でもみたとおり、ターゲットの近くに女の子がいることでボタンを押すか押さないかでひっぱる映画でした。シンゴジラみたく、閣僚、官僚(?)がたらい回し的な行動とるのが面白かったです。そして目を見張る小型カメラの活躍ぶり。鳥さんよりカナブンのほうがリアルでいいですね。あんなにやってることがわかっちゃうと本当に悩みますね~。でも私も無差別テロを阻止するほうに賛成すると思う。女の子以外にも通行人はいるはずで、すべての無関係な人々を排除出来る状態ではなかったから。冷たいと言われようと、私の判断はそれです。あんなふうに攻撃できるなら、本当に戦争ってかわってきてるんだね。それが怖いのと、殉教者にすんなりなりたがる人が後を絶たないのも怖い~。見るつもりなくて時間調整だったんだけど、見て良かったです。
(C) eOne Films (EITS) Limited

新しい自閉症映画!  「ザ・コンサルタント」  [映画]

コンサルタント_R.jpg前回以降 
ストーンウォール」
「ザ・コンサルタント」
「沈黙 サイレンス」
「ジムノペディに乱れる」
「風に濡れる女」
を見ました。
「史実と違う」と当事者に圧倒的に評判の悪い「ストーンウォール」でしたが、確かに主人公の突然の暴力的な行動が腑に落ちず、史実をよく知らないのですが、あまり納得はできなかったです。ただジョナサン・リース・マイヤーズが出てくると安心感がありました~。
新たな自閉症映画としての「ザ・コンサルタント」。親の英才教育のおかげですね~。いやあウケました。ぜひシリーズ化してほしいところですね。
話題の「沈黙サイレンス」は俳優たちががんばってる作品でした。イッセー緒方の例え話がすごくわかりやすく、まあ原作が日本だし、日本人に理解しやすい、わかりやすかったので、歴史の授業としても使えるのでは、とも思いましたw。私はすぐ踏んじゃいます♪
ロマンポルノリブートからはまず2本見ました。「ジムノペディに乱れる」はお気に入りの俳優さんが意外と多くでていて、嬉しかったです。まあよくあるパターンなのですが、そういう意味でキャスティングが楽しかったなあと。板尾さんももちろんいいですしね。
「風に濡れる女」も楽しかったです。明るく、サバサバしてて。両作品に言えることなんだけど、すごくからっとしていて湿度がない。サラサラしてるんです。女性観客をねらったものかもしれないけど、ポルノって感じがしないんですよね。実際女性客もたくさんいました(レディースデーでしたし)。
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED
メッセージを送る