So-net無料ブログ作成
検索選択

こちらもやっと見ました 「聲の形」  [映画]

聲の形_R.jpg前回以降
「Moosic Lab Dプロ」
「聲の形」
「ぼくのおじさん
を見ました。
「Moosic Lab2016」は自分でクラウド出資した作品が見れない、というスケジュールで悲しすぎました。でDプロのみ鑑賞「TOKYO INTERNET LOVE」「愛のマーチ」です。宇野祥平君が出ているので、「愛のマーチ」は見たかった。こっちに出資すればよかった。アニメの宇野くんが出てきたときは、もしやずっとこのままかと思ったけど、大丈夫だった。おかしな作品で、私は好きです。
「聲の形」はイジメ描写がキツいと聞いていましたが、これは学校関係者が見るべき。だってここでだってだれもまともな対応してないんだもん。でもあのいじめかたは最初、好きな子をわざといじめる、という手法そのままじゃん、と思いました。そこから引っ込みがつかなくなっただけだと感じたので、5年後に違和感はまったくありませんでした。あと私も最近周りの人の顔をあえて見ずに生活してる部分があって、そこを指摘されたようで、反省しました。私もちゃんと顔見なきゃなあ。きちんと向き合わないとなあ。たぶん実写だと本当にキツくなるものをアニメーションで描くのは手法としてもよいし、わかりやすく、入りやすいかと思います。知った場所もたくさん出てくるという地元近くの特典もありますし。
アニメ化は宇野くんだけでなく、松田龍平もです。私の好きな大橋裕之画伯がアニメーション書いてる「ぼくのおじさん」、監督は山下敦弘なので、愛知県勢で作った作品ですね!
ひたすら、のんびり、ほっこり。セリフ回しのクラシックさがあいまって癒されました。
(C) 大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大らかな人間賛歌  「神聖なる一族24人の娘たち」  [映画]

神聖なる一族_R.jpg前回以降
「溺れるナイフ」
「神聖なる一族24人の娘たち」
「過激派オペラ」
を見ました。
「溺れるナイフ」は菅田くんファンだということと山戸結希監督作品ということで、行きましたが、ちょっとビックリするくらい、音楽の違和感がすごい。そこに音のせなくてもいいじゃん、ってとこに乗ってたり、大森さんは好きだけど、そこに入れるのかって感じ。おかげでセリフも入ってこず、呆れてしまった。音なし、もしくは差し替えで見てみたい。いいシーンもあり、俳優は頑張ってたりするので、もったいない。音楽の入れ方はこれでOKでたのなら、なにか関係者の意図なのかな?よくわからない。
「神聖なる一族」はロシアというかマリの方々のお話。生と性におおらかな民族のようです。Oで始まる名前の女性の話が24話続くので、あれ、この人もう終わり?という方もいて、バランスはバラバラなのですが、それもまたいいリズムを刻んでいます。ゾンビやら大女の精霊?やらが出てきても違和感があまりないw。割と女性より男性のほうが美しい民族のようでした。特筆すべきは美しい風景とカメラ。まるで絵画のような画が見れます。女性が見たほうが楽しめるかも。民族系ガールズトーク!!。
「過激派オペラ」は演劇界の人だなあという印象。あまり演劇見ない私には新鮮な部分もありましたが、重信さんのキャラ設定がよくわからない、というか、よくある普通の人で終わった気がする。急に趣里が客演として入った背景とその後のなあなあ感で幕引きになるわけですが、それが新鮮味なく、普通だよね、という印象。出演者たちは劇団員そのものでがんばっていたので、もう少しお話が面白かったら、とそこが残念でした。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ようやく見れた傑作 「ウィークエンド」  [映画]

photo04_1_R.jpg前回以降
「デスノートLight up the NEW world
「カラテキル」
「ダゲレオタイプの女」
「ザ・ギフト」
「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に」
「ウィークエンド」
を見ました。
「デスノート」は池松くんの評価さえ上がれば問題ないので、カラコン入れてがんばってる竜崎を堪能しておりました、はい。
「カラテキル」は亜紗美目当てで行きましたが、今回は脇役なので、きっちり美味しいワキとして活躍してくれたので、満足です。ハヤテさんは銃弾に勝つ空手を披露してくれますww。
「ダゲレオタイプの女」は黒沢清のフランス映画。生と死の境目がはっきりしない彼の特徴がよく出ていたかと。昔の人は写真に魂吸い取られるって言ってたみたいだけど、それだよね。いい奴に見えた人間金に目がくらみ堕ちていく、王道ストーリーでした。
「ザ・ギフト」は以外に楽しかった。アメリカによくいそうな男が旦那なので、選んだあんたも見る目がない、としかいいようがないわ~。レベッカ・ホールは好きな女優さんなので、余計楽しかったです。
「エブリバディ」は男の子達のバカ騒ぎの3日間。大学生に見えないおじさんたちが可愛くもあり。音楽が懐かしくてよかったのですが、まあ楽しい3日間は今後どうなることやらww。
「ウィークエンド」PFF招待作品としてゲイの「ビフォア・サンライズ」と名高い「ウィークエンド」をやっと見れました。「さざなみ」のアンドリュー・ヘイ監督作品です。こちらも週末3日間だけの出会いを描いていますが、濃い3日間はとても切ない余韻で終わります。傑作でした。公開されないのは残念ですが、今回見れてよかったです。

メッセージを送る