So-net無料ブログ作成
検索選択

現代人の孤独を描く 「だれかの木琴」  [映画]

だれかの木琴_R.jpg前回以降
「だれかの木琴」
映画よ、さようなら」
「怒り」
「グッバイ、サマー」
を見ました。
先日東京でみたものは省いています。
「だれかの木琴」は常磐貴子のストーカーというのが話題先行してましたが、私はもちろん池松くんと佐津川ちゃん目当てで。作品ではストーカー云々より、現代に生きる人々の孤独感を描いたもので、電車の中でのスマホと位牌の対比がそれを如実に物語っているなと思いました。ウケに徹しているかのような池松くんのキャラもただそれだけではなくて、きちんと人物像が出来ているのが流石と思いました。
「映画よ、さようなら」は切なかったです。同じような境遇ですからね。客が来なくなったシネマテークを閉めて、再出発するお話です。私はそうとはいきません。むしろやる気にさせていただきました。映画としてはその短さもあって、珠玉の作品と言えます。
「怒り」は東京ゲイ編に肩入れ。しかし沖縄問題では、あまりにも米兵は誰もがひどい人だと言っているようでびっくり。それも“怒り”なんだろうけど、あまりに一括りすぎないかなあ。宮崎あおいは普通の子にしか見えないので、あまり納得できなかった。
「グッバイ、サマー」はミシェル・ゴンドリーの自伝も匂わす一夏の物語。よかったです。オドレイ・トトゥの変化にびっくり。自分も年を取るはずですね。フランス子供たちの環境などよくわかる。最後は切ないけれど、あれもまた現実。でも男の子ってあんなにかわいいのに、やっぱり女の子とのことしか考えてないんだねえ。
(C) 2016『だれかの木琴』製作委員会

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シルバーウィーク [映画祭]

IMG_20160917_162659_R.jpgシルバーウィーク東京へ行ってきました。今回はいつもの弾丸ではなく、余裕もあり、映画以外の用もありましたので、ちょっと旅行チックでした。東京のお友達とブランチなど楽しみましたしね♪こんなの久しぶり~。いつも映画の合間にパンかじったり、ですもん。浅草あたりでぶらつき、お上りさん気分も十分味わったのでした~。
映画祭レポなどはこちら~。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クイックシルバー最高! 「X-MEN アポカリプス」  [映画]

XMEN_R.jpg前回以降
フクシマ、モナムール」
「君の名は。」
「ディアスポリス」
「X-MEN アポカリプス」
を見ました。
「フクシマ、モナムール」は親日ドイツ人監督ドリス・デリエ監督の震災後ドラマなんですが、アプローチ自体が面白かったし、そのカラッとした空気感がとても肌にあった。震災ものというとどうしても身構える作品が多い中、なんという軽やかさ。もちろん芸者というガイジンが思うジャパニズムが大げさであるかもしれないけど、要点はそこではないので。喪失感を持つ二人の奇妙な友情が心地よかった。桃井かおりならでは、だったと思う。桃井かおりがメッセージで今度福島の上映会でみんなで楽しみたい、といった言葉が納得できた。
待望の「君の名は。」満員のど真ん中に陣取ってしまった私は、あろうことか、途中からお腹がいなくなってきて…。席を立つにも立てない状況で、じっと我慢の子、でした。たまに来るウェーブに耐えながら見ていたので、少し上の空、でしたが、それでも楽しかった。ただの入れ替わりじゃなかったのね!伏線回収ありがとう。聖地巡りもわかる気がしました。男子校生の団体が私の前にいたのですが、みな一様に「よかった」「よかった♪」とざわざわしてたのが、嬉しかったです。体調良い時に再度みたいです。
宇野祥平くんが出てると聞いて、行ってきた「ディアスポリス」。ドラマはみてない。クレジットも大きかったからたくさん出るのかと期待してたら、全然出番少なかったよ~。お話も納得できない。最初の殺人の理由がひどいから。あの2人だったら組織に上納金を差し出してまで入ろうとするわけないじゃない?てなわけで、キャストもがんばってたりしたけど、どうもお話に入って行けなくて残念でした。原作どおりなのかな?ドラマはおもしろいのかなあ。
「X-MEN アポカリプス」ようやく見ました。皆さん、ハゲになった理由、と書かれていましたが、まさしくそのとおりでしたね。最初のエジプトのシーンから「うわ、金かけてるな~。1100円(レイト)じゃかわいそうだな~」と思って反省しつつ見てました。クイックシルバー君の独壇場でしたね。あと人間関係に疑問を持ちつつ(私のしってるストームはいい役、本来ならミスティークは悪役だった(今更!)この二人の年齢差も微妙、とかまあ言い出せばキリがないんだろうけど、映画としては楽しめたからいいと思う。結局ジーン最強説。神様より強いw。
(C) 2016 MARVEL (C) 2016 Twentieth Century Fox

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アニメーションあたり年  「ソング・オブ・ザ・シー」  [映画]

ソング_R.jpg前回以降
ハイヒール革命!」
「月光」
「黒い暴動[ハート]
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」
「野生のなまはげ」
を見ました。
「ハイヒール革命!」はにじいろ映画祭の関係もあり、試写で見せていただきました。ドキュメンタリードラマを混ぜ合わせた作品で、どちらかというと当事者の苦労話というより母親の人徳の素晴らしさが際立っていたように思います。名言もたくさんあり、当事者より教育関係者、周りの方々に見てもらいたい作品です。
「月光」も性犯罪被害者の話ということで、興味を持って行きました。が、なぜ主人公をそういう設定にしたのかが、あまり理解できませんでした。ごく普通の人が被害にあうほうが共感度が高いと思われます。犯人というかその人の末路も納得できませんでした。
「黒い暴動[ハート]」はガングロ映画としては興味なかったのですが、出演者と予告見たらおもしろそうだったので、見ました。単純に楽しかったです。
「ソング・オブ・ザ・シー」予告みて、たまらなく愛おしい絵に惹かれていきました。平面的な2Dの絵柄がCGアニメーションとの差を歴然と見せてくれます。キャラ、絵力が素晴らしく、アザラシのかわいらしさもさることながら、フクロウたちに激萌えしました。
お話はアイルランドの昔話で日本とも通じるものがあります。魔女は宮崎アニメの影響も見て取れます。日本人なら絶対好きなタイプのアニメーションです。今年一推し!
「野生のなまはげ」は関わっているので、あまり推しすぎるとなんですが、新井監督の持ち味が長編でも活かされていて、とても楽しい作品に仕上がっていました。まだ上映が全国で続いていますので、見かけたらぜひ。バカバカしいほど楽しいです。
(C) Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Norlum

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る