So-net無料ブログ作成

ハリウッドが描くハリウッドの黒歴史  「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」  [映画]

トランボ_R.jpg前回以降
「シング・ストリート 未来へのうた」
「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」
「チェブラーシカ/ちえりとチェリー」
を見ました。
「シング・ストリート」は評判もよかったので、行きました。音楽はよかったです。でもどちらかというと主役2人よりほかのメンバーやおにいちゃんがよかったので、最後なんか、ええ!という感じで終わってしまい、ちょっと残念でした。サントラは欲しいです。「トランボ」はハリウッドの赤狩りについて、詳しくは知らなかったので、いい勉強になりました。優れた脚本家は才能ひとつで逆境も乗り越えれる(家族の支えもありき)スゴさに圧倒されました。どこまで本当かわかりませんが、カーク・ダグラスの株があがる作品です。ハリウッドもこんな作品を作ってくれてありがとう。素晴らしかったです。
「チェブ」と「ちえり」の2本立ては「ちえり」の評判がよかったので見ましたが、人形アニメーションとしての出来は素晴らしかったです。お話自体は父親を亡くした少女の大人になっていく過程を描いているので、どちらかというと子供向けかもしれませんが、それでもアニメーションの質の高さが大人には嬉しいです。夏休みにぜひ。
Photo: Hilary Bronwyn Gayle (C) 2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ターザンの肉体美!  「ターザン:REBORN」  [映画]

ターザン_R.jpg前回以降
「ターザン:REBORN」
「シン・ゴジラ」
「マンガ肉と僕」
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
を見ました。
「ターザン:REBORN」はアレクサンダー・スカルスガルドの肉体美を見るためだけに行きました!話はわかってるし、結果脇役も予想通りの活躍しかしないし、すべてが予定調和だったけど、それでいいじゃん。そういう作品だもん!ふん、うちの夫を怒らせたら怖いわよっていう自信満々さが少し鼻につきましたが、いいんです。でもお父さんソックリな時が多々あって、年をとるとああなるのか、と少しさみしくもありましたよ。スカルスガルド家のDNAは強い…。
「シン・ゴジラ」はいろいろ言われる前に早めに見てきました。エヴァじゃん、と思いながら見てましたw。エヴァ、ほとんど見てないんですけどね。怪獣映画というより国防映画、でした。なので、映画としてはすごく面白かったんだけど、怪獣映画、と言われれば少し複雑な気持ちもあります。特にゴジラは好きなキャラクターなので。市川実日子がよかった。石原さとみも含め、庵野アニメのキャラな設定・演技がまたエヴァ感あおりますね。
「マンガ肉と僕」は杉野さんが映画化するということで原作も読み、期待してましたが、なかなか公開されないので、心配してましたが、まあそんな感じです。杉野さん自身の太った特殊メイクが違和感がありすぎる。腕はそのままなので、あえての長袖。私は菜子の描かれ方が面白かったな。原作はとても短いので、どうするのか、と思ったら、女性を3人にして渡部の女性遍歴のようにしてた。ある意味男性を描きながら女性を見せた、ということですね。
「アリス・イン・ワンダーランド」は特に期待もしてなかったけど、赤の女王の悲しい過去がわかってよかった。みんな彼女にひどすぎる気がする。映像も綺麗だったけど、ティム・バートンでない分、毒のある個性が抜けて、まんべんなく上手にできました感があったりして、あっさり。まあこれはこれでさっぱりしてていいのかも。
(C) 2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る