So-net無料ブログ作成
検索選択

ジェイクの本気 「サウスポー」  [映画]

サウスポー_R.jpg前回以降
「デッドプール」
「101回目のベッド・イン モアベター版」
「サウスポー」
「神様メール」
「コップカー」
を見ました。
楽しみにしていた「デッドプール」は、恋愛ものとしてみればいちゃいちゃぶりが楽しい素敵な映画です。エグさ加減もいい感じです。オープニングもカッコいいしね。でもまあ特段目新しさは感じなかったのでした。今後のX-MENとしての登場が楽しみです。
メジャーデビューを果たしたベッド・インがそのままで駆け抜ける「101回目のベッド・イン」はモアベター版。破れタイツのふたりの萌えシーンなどが増えてた。最後のライブシーンはやっぱり盛り上がるなあ。
ジェイクが本当にボクシングしてるという「サウスポー」。オープニングの正面ショットからしてヤラレました。ボクシングものってハズレが少ない。後半トントン拍子すぎるけど、それでも感動させれれちゃうんだよね。レイチェル・マクアダムス、美味しすぎる役ですね。
「神様メール」はおもしろそうな設定だったので、見に行きました。余命を知ったらどのように生きるか、というのがとても興味深くて。とりあえず自分だったらどうするか、考えて楽しみました。ケヴィンの最後が可愛そうだったけど、まあある意味幸せなのかな。女の子になりたいって男の子が出てくることがツボでした。みんな自由に生きましょう。
「コップ・カー」も設定が楽しそうだったので、見ました。ケヴィン・ベーコンですしね。
意外と小物だったケヴィン・ベーコンのキャラが楽しいです。子供ふたりの銃の扱いにかなりドキドキします。とあとで考えると楽しい作品でしたが、見てるときは、ケヴィンの不死身さにシラケたのが本音です。弱気な子が頑張りを見せた最後はよかったです。
Artwork (C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

監督もキャストも申し分なし! 「ヒメアノ~ル」  [映画]

ヒメアノール_R.jpg前回以降
「シビル・ウォー キャプテンアメリカ
「ヒメアノ~ル」
「海よりもまだ深く」
「ズートピア」
「したさきのさき」
NIGHT SAFARI
を見ました。
スーパーマンVSバットマン」を見逃している私です。今回も「シビルウォー」ギリで見ました。間に合ってよかったです。アクションが楽しかったです。でも私はソーのファンなので、物足りなかったです!スパイダーマンやアントマンはおまけで、ゲスト出演感がすごい。総動員の内輪もめですね。テーマとなることはすごくよくわかりますが。
「ヒメアノ~ル」は吉田恵輔監督だし、ひそかに森田剛も好きなので、楽しみにしていた「ヒメアノ~ル」、予想以上だった。泣けた。最後が切なすぎて、胃がもたれた。犬のためにハンドルを切った森田。回想シーン、セリフで泣けるわ。根本は怪物ではなく、怪物を作った人たちがいるってこと。立派なイジメ映画。そしてやられる二人がSRペアってのも個人的に楽しい。風俗嬢役も多い佐津川ちゃんがこれまた得意な役を演じてるし。
「海よりもまだ深く」は同じ年代となった自分を見るようでこれまた胃が痛くなった。母親のすねをかじる大人になりきれない息子はまったく自分の姿をみるようで。身につまされます(子供はいないけど)。樹木希林は相変わらずの安定感!
「ズートピア」は吹き替え版しかやってないから仕方なく。歌の吹き替えはいやだ。「やるのよ~」ってほかにいい言葉ないのかなあ。みなさんが勧めたような差別、何にでもなれるという希望を捨てないことなどテーマは大きいのだろうけど、そんなに響かなかった。やはりナマケモノが満席の会場で一番ウケていた。
「したさきのさき」2回目の鑑賞。変態性って自分にはわからないってこと。みんなそれぞれが変態で、それでいいんじゃない。こちらのメッセージのほうがしっくりくる。ちょい百合っていうのもツボ。
「NIGHT SAFARI」は「孤高の遠吠え」も待ち遠しいので、みました。思ったほど暴力暴力してなかったので、一安心(?)。オカンが一番怖いという、意外とかわいいお話でした。
(C) 2016「ヒメアノ~ル」製作委員会

nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

関西クィア映画祭 オールナイト久々体験 [映画祭]

京大パフェ_R.jpg5/21.22と関西クィア映画祭の京都に行ってきました。今年で10回を迎える記念大会とあって、ラインナップが豪華!その中でも短編特集とオールナイト上映をチョイスしてみてきました。
短編は野本梢監督の「私は渦の底から」以外は初見です。パラグアイとか、珍しい国の短編が見れて収穫です。「私は渦の底から」も日本語字幕がつくと新鮮でした。その後オールナイトイベントまでの間、野本監督たちと夕御飯。オールナイトは久々なので、途中で寝ないか心配してましたが、けっこうがんばれました。これも映画の力!けっこう寝転んで見てる方が多かったので、寝てるかみてるかわかんなかったんだけど、面白い作品のときはけっこう起きてる人が多かったからね。そういう判断もできて面白かった。「ピンクウォッシュ」って勉強になったし、ここでしか見られない貴重な作品ばかりで、スタッフの皆様の努力が見えた気がしました。字幕もつけて、これだけ集めるのは本当にすごいことですからね。尊敬しますわ。オールナイト開けも1日上映あったので、スタッフの皆様、本当におつかれさまでした。私たちは寝ないように気をつけながら車で帰りました。
京都会場は京大の中の講堂ということで、カフェで休憩しました。でかいパフェを食べましたよ。学生だけでなく、いろいろな人が来てました(自分たちもね)。会場は寝転んだり、スマホいじれるコーナーやポップコーンやカレーも売ってて、楽しく過ごせました。
いやあ、いい体験でした。本当にありがとう!今後も楽しみにしています。

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る