So-net無料ブログ作成

5時間以上でも長く感じない! 「ハッピーアワー」 [映画]

happy_R.jpg前回以降
「ハッピーアワー」
「キャロル」
「俳優 亀岡拓次」
「オデッセイ」
「ゾンビスクール!」
を見ました。
「ハッピーアワー」ははたして5時間以上、耐えられるのか、と心配していたけど、全然大丈夫、まだ続いても見られる、といった感じ。まるで友人たちの生活を覗き見してる感覚で見ていました。そこは友人たちとの旅行での無理の入った会話やワークショップや朗読会などリアルで参加してる設定で見られるからだと思います。ほぼ女性視点で語られるので、男性の評価がすごく気になるところですが。なんか結婚したくなくなる作品ですね。
「キャロル」期待のレズビアンを描いた作品でしたが、綺麗すぎなところは気になりますね。いやあ毛皮のコートの生活感をなくすことよ。苦労を知らなさそうなキャロルなので、今後が少し心配ですが、子供を手放す勇気はすごくよくわかる。衣装もどれも素敵で見た甲斐ありました。とても美しい映画でした。
「俳優 亀岡拓次」は特にどうってことがない。安田顕のための映画なんだろうけど。宇野君見に行ったようなもんだから。麻生久美子はやたらかわいかった。映画の内幕ものという感じもなく、でもまあ撮影現場を感じられればいいかな、と思ってみてました。シュールなのは横浜監督の持ち味だし、それが中途半端になってる気がしました。
「オデッセイ」は息苦しく暗い作品かと思ったら、ポジティブな作品と聞いて、逆に見に行けました。ポジティブってすごい。私だったら、最初で自分の腹の棒抜けずにそこでギブアップするから。まあ宇宙に行ける人材てそういうメンタルも鍛えられてるし、情報も技能も持っているんだよね。ポジティブ思考、素晴らしい。見習いたい。みんなリドリー・スコットがこんなコメディつくちゃったって嘆いてる人多いけど、トニーに死なれて、一人ぼっちになっちゃった、と思った自分を励ますというか、吹っ切るためのポジティブ作戦だったようにも思えます。だからこれはこれでいいんだよ、きっと。
「ゾンビスクール!」はこどもをぼこぼこ殺すのはタブーな感じだけど、そこをあえてやろうとしてるところがすごいよね。ゾンビはこどもしかいないから。その設定は無理感あるけど、〇。ほかはゾンビ映画のお約束などがきっちりこなされているので、評価低いけど楽しかったよ。へんな教師しかいないけどね。最初の鶏からナゲットになるまでが一番キツいわ。チキン、しばらく食べれん。
(C) 2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

セリフとか間が最強  「友だちのパパが好き」 [映画]

トモパパ_R.jpg前回以降
「イット・フォローズ」
「友だちのパパが好き」
を見ました。
「イット・フォローズ」は見た人からもいろいろ聞いていたので、そんなにハードルあげて行かなかったんだけど、ついつい゛自分だけに見える透明人間”をどうかわすか、という具体的策を考えてしまう私は乗り切れなったのも事実。うつしても返ってきちゃう設定はいつまでたっても緊張感を残すから面白かったけど。つい正体を知りたがってしまう私は向いてなかったんだね。絶対走らない(歩いてくる)イットたちは面白かったです。プール作戦はどう転んでも失敗な感じで笑いました!
「友だちのパパが好き」は最近好きな岸井ゆきのちゃんが出ていることもあり、楽しみにしていました。山内監督だしね。実際本当に男って!と怒れる内容なんですが、セリフとか間とかが素晴らしく、面白かった!という印象になるのが不思議。サイテーのパパ、ですが、ゆきのちゃんカップルとの対比がすばらしい。楽しめました~。
(C) 2015 GEEK PICTURES

nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る