So-net無料ブログ作成

見世物小屋ミュージカル対決 「ゆれる人魚」  [映画]

ningyo_R.jpg前回以降 
「羊の木」
「マンハント」
「グレイテスト・ショーマン」
「ゆれる人魚」
「悪女」
「三つの光」
「パンとバスと二度目のハツコイ」
「ミスムーンライト」
を見ました。
自分の主催する映画祭と確定申告でひっちゃかめっちゃかだったので、たまりました(というか、その割に映画を見ていたことになる)。
「羊の木」は適材適所、という言葉が久々にしっくりくる作品でした。あまりひねりもなかったのですが、意外性ではなく、適材適所、優香の使い方、水澤さんの使い方、ほかすべて得意な人に得意なことを任せてるので、安心感が半端なかったです。
「マンハント」はそういう意味では鳩さんだけはいつも通り、ということで、私はもうそれでいいです。ジョン・ウー監督は作品にムラがあるし、私は鳩さえ飛ぶのをみれれば満足するのだな、と今回気づきました。オープニングの音楽もそれだけでジョンウーだな、と思って満足です。
期待値マックスの「グレイテスト・ショーマン」はハードルあげすぎました!カメラがすごくて、そこはすごいなあと感動しました。歌も踊りも素敵でしたが、そんなに多様性を生かしているわけでもなく。ただミシェル・ウィリアムズが歌って踊れるとは知らなかったです。レベッカ・ファーガソンが美しくて感動しました。まあ本物は絶対不倫してますよね。
それより「ゆれる人魚」が意外にもミュージカル仕立てだったので、驚きました。こっちのほうがサントラががぜんほしくなりました!見世物小屋感もこっちのほうが上だったりします。人魚だけでなくトリトンも出ます。イケメンはドラン監督に似てます!雑なシーンもたくさんあり、そこがまたいい味出してて、私のツボ!!話的には人魚姫もきちんと踏襲してて、王道だったりしますが、楽しかったです♪
「悪女」は全然悪くない、いい女がヒロイン。冒頭のアクションは面白かったけど、やっぱ酔うよね(ハードコア見なくてよかった)。中盤眠くなりましたが、後半またとんでもないアクションが繰り広げられるので、楽しかったです。でも最初が一番強かったってことで。
「三つの光」大好きな女優さんが来るかも、と思って行きましたが、舞台挨拶には来なかったので、がっかり。まあでも面白かったです。来てほしかった。話が聞きたかった。
「パンバス」は眼鏡を忘れていき、ぼやけた目で見ました。今泉節は確かにそうなんですが、少しすっきりしてるというか。あくが抜けたというか。一般受けしやすくなったのでは。またクリアな状態で見たいです(顔の表情の機微が見れなかったので)。
「ミスムーンライト」は同じくボケた目だったので、水着のおねーちゃんたちがみんな一緒に見えてつらかったです。前情報も入ってきてたので、そうなんだろな~と思いつつ見てたので、特に新鮮さもなく。ひたすらかわいいのか、そうでないのかよくわからないグラビアアイドルさんたちを見て、疲れました。アクションできるグラビアさんはきれいで水着でアクションもしてくれるので、うれしかったです。
眼鏡忘れた自分が悪いのですが、ぼけた目ではたいへん疲れたのでした。すみません。ご当地映画なので、一般の方々がもろ肌脱いでる分は楽しそうでよかったです。
(C) 2015WFDIF, TELEWIZJA POLSKA S.A, PLATIGE IMAGE

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る