So-net無料ブログ作成

さすが 「(500)日のサマー」の監督です「ギフテッド」 [映画]

361498_002_R.jpg前回以降 
「デトロイト」
「IT それが見えたら終わり」
「ギフテッド」
「オクジャ」
を見ました。
「デトロイト」はキャサリン・ビグロー監督の新作で試写です。私は知らなかった(1967年)のデトロイト暴動を題材にしたフィクション。まったく予備知識なく、行ったので、唖然とするやら悔しいやら。黒人差別ネタって、きちんと今になって(こそ)作るから偉いよね。納得できない結末ゆえにくやしさ倍増。日本でウケる作品ではないと思うけど、重厚です。
なんか異常に盛り上がってるときいた「IT」はビル・スカルスガルドが好きなので、頑張りぶりを見に行きましたが、まあ頑張ってるところはCGだったりして(へんなポージングだったり)、でもまあ、楽しかったです。警官のお父さんが悲惨だったけど。そしてやはり女の子は結局顔で選ぶんだなあとも改めてわかった切ないお話でしたw。
こちらも評判のよい「ギフテッド」。子役がかわいい。黒板スラスラのシーンは最近「ドリーム」でみたばっかだけど、数学って女子強いのかね?毒親に育てられた娘がかわいそうで遺言に私も絶句しましたわ。教師役が美人すぎないところも好感もてましたね。
Netflixのお試し期間で、もうずっとみたかった「オクジャ」見ました。大きな豚ちゃんの映画なら大きいスクリーンでみたほうがいいでしょ、と思ってたのですが、ネットサイズのCGだったかもしれません。話は王道です。豪華キャストがいろいろやってくれてます。そこはいいんですが、ティルダの二役って意味があるの?そこばかりくどくてちょっと閉口しました。テンポも悪くなるし。Netflixさん、オリジナルももちろんいいけど、公開も視野に入れてほしいです。
(C) 2017 Twentieth Century Fox

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る