So-net無料ブログ作成
検索選択

サム・ロックウェル主演だよ、久々だよ 「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」 [映画]

359584_006_R.jpg前回以降 
「ダブルミンツ」
STOP
「キングアーサー
「光」
「バッド・バディ!私とカレの暗殺デート」
「ポエトリーエンジェル」
を見ました。
BL好きな私は「ダブルミンツ」楽しみにしていたのですが、ハードル上げすぎました!こんなキャラがグラグラな主人公初めてです。演技をがんばっているのはわかるのですが、話おかしいじゃん。残念すぎる。あらに目に行き、萌えられませんでした。
キム・ギドクの話題作「STOP」はフィクションなのに、福島というワードがあるので、へんてこな設定になっている気がしました。ギドクらしいのはアレンさんのシーンのみ。ここはとてもらしくて、いい感じでした!
「キングアーサー」は単純に楽しかった。ジュード・ロウは悪役でもきれいだなあ。ビジュアル重視で相変わらずのガイ・リッチー節!!
「光」はカンヌで話題だったからもっと盛り上がるのかと思ってた。そしたらもう終わりそうなので、あわてていきました。映画のシーンボイスガイドはそのものにも興味があったので、劇中、何回も目を閉じて鑑賞。意外と難しいな。でも永瀬さんにだけ喧嘩腰な綾女ちゃんには少し抵抗あるな。感情的でストレートな性格だなあ。このあたり賛否両論分かれてるのかな。それと劇中の映画のラストはやはり希望的な顔をしていないと思うんですよね。そこは引っかかったけど、総じて河瀬直美監督はわかりやすくなったなあと。
「バッド・バディ!」はあまり評判もよくなくて、しかも公開も小さいのですが、私はファンであるサム・ロックウェルが主役なのだから、絶対見ると誓っていたのでした。そう、これから公開される「ジョン・ウィック」などとはちがってそんなにかっこよく、クールに決めキメ、ではない、同じようにやり手のアサシン役なので、差が出ちゃうわよね。でもいいの。それなりに頑張ってるから!!アナ・ケンドリックとの相性もよくて、純真な感じがよかったです。アナが覚醒(?)するのは合点がいきませんが、まあよしとしましょう。「瞳孔が開いてる、撃たれたのか?」という労いの言葉がパワーワードで、羨ましかったです!!
「ポエトリーエンジェル」は以外にも知ってる顔がたくさん出ていた!!ので盛り上がりますが、武田玲奈ちゃんの参加理由は無理があるし(私なら絶対に嫌だ。それができてたら学校でもうなくやれてる!)ボクシング自体に意味があまり見つけられない。詩のボクシングとかけた以外に理由が見つからない。そこが残念。俳優さんたちはみんな頑張ってたし、良かったと思えるのにな。
(C) 2016 Right Productions, LLC



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る