So-net無料ブログ作成
検索選択

いろいろな意味で満足できます 「お嬢さん」  [映画]

お嬢さん_R.jpg前回以降 
「お嬢さん」
「哭声コクソン
「スレイブメン」
トリプルX再起動」
を見ました。
パク・チャヌクの「お嬢さん」は噂通りの面白さ!いわゆるトンデモニッポンを逆手にとたような日本人描写もあるのですが、たどたどしい日本語さえ、朝鮮半島の歴史にからめて納得されられる部分も(力技ですが)。またこのたどたどしさがエロ小説朗読会にプラスの効果をもたらすとは!(日本人にだけ、でしょうが)。いや本当におもしろい。それだけでなく、スッキとお嬢様の視点での三部作という構成、ビアンにもノンケにも嬉しいエロ描写、全体的なコメディ描写といいとこづくめ!!面白かったです!主演二人の女優もよかったけど、久々にムン・ソリも拝見出来て嬉しかったです。
この勢いで「哭声コクソン」も鑑賞。いやあ、こちらもGの割に血みどろだったね。ミスリードが多いので、本当に翻弄されるわ。見たあと人と話したくなります。リピーターも多いのでは?オカルト好きにはたまりません。こちらもなぜか日本絡み。國村隼、おいしい役いただきましたね!
井口昇監督の「スレイブメン」はとても個人的な作品になっています。なぜ自殺を止められなかったか、ということを何年もかけて模索していて、やっと作品に昇華出来たんだと思います。そういう意味で後半泣けてくる部分はありましたが、あいかわらずのゆるさで井口監督らしいです。
ギリギリ滑り込んだ「トリプルX再起動」はもちろんドニー・イェンみたさです。活躍ぶりは満足です。ドニー・ジャーの扱いが小さかったかな。運痴な私はXスポーツ出来る人は本当に尊敬する。それだけで満足になるのです。
(C) CJ E&M Corporation

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る