So-net無料ブログ作成
検索選択

パンは売り切れたら早く帰ろう  「アイ・イン・ザ・スカイ」  [映画]

アイ_R.jpg前回以降 
「マグニフィセント・セブン」
「未来を花束にして」
「アイ・イン・ザ・スカイ」
を見ました。
「マグニフィセント・セブン」は良くも悪くもリメイクなので、安心してしかも頭カラッポにしても楽しめるという娯楽作品!人種を一通りおさえてあるし、誰からも文句つけられないようにしてる!フークワ監督とデンゼル・ワシントンの信頼関係がバッチリ写りこんでる感があり、デンゼルがカッコいい。クリス・プラットが美味しい役だし、イーサン・ホークとイ・ビョンホンのブロマンス感もよかったです♪
とんでもない邦題が付いちゃった「未来を花束にして」はイギリスの女性参政権を求める運動を描いています。過激だわ~と見てて思いました。でもそれくらいしないと、命をかけないと手に入れられない権利だったのですね。今私たちが男女平等と言ってるのはこの人々の戦いの歴史があってからこそ。敬意を評します。女に生まれた、というだけでなぜ扱いが違うのか、本当に理解できない。それに伴うセクハラ、虐待は絶対許したくない。「この世界の片隅に」をみて、知らないで小さな世界で生きる幸せもあるんだなって少し思ったけど、やっぱりほかの生き方もあるって選択肢があるのが幸せ。
いわゆるドローン戦争的な「アイ・イン・ザ・スカイ」は予告でもみたとおり、ターゲットの近くに女の子がいることでボタンを押すか押さないかでひっぱる映画でした。シンゴジラみたく、閣僚、官僚(?)がたらい回し的な行動とるのが面白かったです。そして目を見張る小型カメラの活躍ぶり。鳥さんよりカナブンのほうがリアルでいいですね。あんなにやってることがわかっちゃうと本当に悩みますね~。でも私も無差別テロを阻止するほうに賛成すると思う。女の子以外にも通行人はいるはずで、すべての無関係な人々を排除出来る状態ではなかったから。冷たいと言われようと、私の判断はそれです。あんなふうに攻撃できるなら、本当に戦争ってかわってきてるんだね。それが怖いのと、殉教者にすんなりなりたがる人が後を絶たないのも怖い~。見るつもりなくて時間調整だったんだけど、見て良かったです。
(C) eOne Films (EITS) Limited

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る