So-net無料ブログ作成

おっぱい星人たちに捧ぐ 「14の夜」  [映画]

14の夜_R.jpg前回以降 年をまたぎましたが
「バイオハザード ザ・ファイナル」
「イノセント15」
「14の夜」
「堕ちる」
「ヒッチコック/トリュフォー」
「エボリューション」
を見ました。
「バイオ」はたまに見る程度ですが、お正月映画らしいものとして行きました。2Dで見ましたが、なんと画面の暗いことか…。アクションも堪能できず、なんかつまんなかったです。まあ最後なので、いいですけど。
「イノセント15」はゲイ関係ものとしてチェックはしていたのですが、見れて良かったです。あくまでそれは大筋ではないのですが。むしろ少女の方の虐待が救いが感じられなくて、辛かったです。主役2人が新鮮でした。
「14の夜」はうってかわってお気楽な青春モノに見えますが、これはこれであり。おっぱい好きな男子は必見。男の子って…と楽しめました。「百円の恋」の脚本家足立紳さんの監督作品です。
30分の短編ながら、話題となっている「堕ちる」。中年の寡黙な職人が地下アイドルに堕ちていくのがリアルです。でもこれ、中年男性だけでなく、女性でもジャニヲタとか古いけど韓流とかハマった女性も、イケメン俳優にハマってる若い子も共感できると思うんです。自分でも、すごくよくわかりました。おすすめです。映画館ではなかなか公開されないかもしれませんが、イベント上映などがあったら、ぜひ。
「ヒッチコック/トリュフォー」ドキュメンタリーは苦手ですが、予告をみたら、ヒッチコックの手法がよくわかるのでは、と思い、見に行きました。しかし書籍「定本 映画術」としてまとめられたヒッチコックへのインタビューの音声をベースにしただけのものでした。本を読む前に、ビジュアルで見せられた感じです。参考にはなりませんでしたが、ヒッチコックの作品は見たくなります。
ルシール・アザリロヴィックの独特の世界観がつまりまくった「エボリューション」。その世界を堪能できるかたはベストですが、入り込めないときついかも。我が道をいく姿はカッコいいです。ビジュアルも完璧です。そして意外とエグいです。出演してる少年たちがトラウマとならないことを祈ります!
(C) 2016「14の夜」製作委員会

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る