So-net無料ブログ作成
検索選択

前野健太アテ書きw 「変態だ」  [映画]

変態だ_R.jpg前回以降
「貌斬り KAOKIRI」
「ミュージアム 序章」
「変態だ」
「ローグ・ワン」
「アズミ・ハルコは行方不明」
「ドント・ブリーズ」
「島々清しゃ」
を見ました。更新できずにいたら、たまりました。
「貌斬り」は舞台のお話だったので、まるっとお芝居見てる感じでした。舞台は舞台でみたほうがいいって思う体質なのですが、役者の人は本当にすごいなあと関心しました。
「ミュージアム序章」は白石晃士監督作品。劇場で見れるチャンスがあってよかった。三浦誠己ファンとしては嬉しい限り。本編は見ないけど、その序章ということでした。カエル男の真意はまったくわかりませんでしたが。白石監督のパターンが読めてきてしまっているので、無でみなきゃあ。
前野健太ファンでもあるので、「変態だ」期待していきましたよ。いや、期待以上に面白かったです。奥野瑛太くんも出てて、嬉しかったです。ちゃんと前野健太というシンガーを活かした(アテ書きだったらしい!)キャラで最高でした!さららさんもさすがの貫禄でした!
「ローグ・ワン」は日本人ウケするお話でしたね。命懸けで立ち向かう、無名の人々ってツボですよね。私にとってはまさかのディエゴ・ルナくんだったり(あまりキャストもみていかなった)マッツも出てるし、お目当てのドニー・イェンも美味しかったし、楽しかったです。まさかレイア姫の訃報の日にこれを書くとは、思っていませんでしたが。ご冥福をお祈りします。
「アズミ・ハルコ」はダメ男ばっかでてきて、しかも女も痛い感じばかりでキツかった。女子高生たちは女たちの代弁者であるはず、なんだけど、無差別なのはどうかなあとも思うし、まああのパートはファンタジーとみていますが。一応フェミなお話なので、松居大悟監督らしくないかな、とも思いますが、映画としては松居節。俳優陣はすごくいいです。でも太賀くんにああゆう役はやってほしくないのが本音w。
話題の「ドント・ブリーズ」は本当に満席でびっくり。被害者のはずの全盲老人の変態性が見えた時から、応援度が逆転しますからね。楽しかったです。最初のミスリードも計算されているわけだし、怖いものが特に出てくるものでもないから、ホラー初心者にも受け入れてもらえてるみたいだしw。
「島々清しゃ」は新藤風監督の復帰作品。長いあいだ新藤兼人監督の介護をしてきた風ちゃんの監督作品。沖縄を舞台に「湯を沸かすほどの」でも注目された子役、伊東蒼がここでもすごい演技を見せます。安藤サクラ、山田真歩、渋川清彦と好きな俳優も素晴らしいのですが、少し話が抜けているような…。絶対音感をもつ少女がそのせいで孤立しているのだが、その成長ぶりはよしとして、まわりの安藤サクラ、山田真歩の中途半端な描かれ方がもったいなかったかなあ。まあ全員やると焦点がボケるからかなあ。素人と役者の演技力の差がありすぎて、そこは仕方ないけど、目立つ!
(C) 松竹ブロードキャスティング

nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 1

wattana

えじりんこさん、おはようございます。
謹賀新年、今年も宜しくお願いします。
by wattana (2017-01-02 07:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る