So-net無料ブログ作成

リリー・フランキー、あいかわらずいい仕事してます 「お父さんと伊藤さん」 [映画]

otousanr.jpg前回以降
「函館珈琲」
「お父さんと伊藤さん」
「何者」
「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
「GANTZ:O」
「ハドソン川の奇跡」
を見ました。
「函館珈琲」は名古屋在住でお世話になっているいとう菜のはさんの脚本です。函館イルミナシオン映画祭でシナリオ大賞をとり、映画化されたもので、ほとんどグランプリをとった脚本とテイストはかわらないのですが、監督の意向やキャスト、映像化に伴う、変化は見てとれます。その差を楽しむことができるのも、シナリオ大賞ならでは、なのかもしれません。自分の居場所を探す人たちの姿は自分とも重なるので、心にしみます。何も起こらない普通の生活を描くことは一番難しいと思うので、映画化は成功していると思います。何はともあれ、自分の書いた脚本が映画化されて公開されるなんて、この上ない喜びですよね。おめでとうございます。
「お父さんと伊藤さん」はタナダユキ監督作品でもあるので、行ってきました。リリーさん、あいかわらずいい仕事をしています。藤竜也、上野樹里とのアンサンブルもよかったです。自分もあてはまってくることなので、共感度も大。大事な箱の中味はなぜだか泣けてしまった。けっこう年配のお客様たちが笑ってみていて、ほっこりしました。
「何者」三浦大輔監督なので、見に行きました。演劇舞台、というものが活かされていたので、三浦監督らしかったです。ツイッターあるあるでしたね。私もそう思う、と思いつつ、自分がそういう就活の経験がなかったので、今はたいへんなんだな、とあらためて思いました。
「ベストセラー」なんというブロマンスな香り、という観点で楽しみました。作家と編集者の絆は、特にこの手書きだった時期は余計に固く結ばれていたでしょうね(今でもでしょうが、手書きの膨大さには仰天です。あれを削っていくのは、けっこう辛そう…)。家の中でも帽子をとらないパーキンズがとるのはいつか、と思っていました。
「GANTZ:O」はチケットをもらったので、行きました!自分からは行かないCGアニメだったので。でも見てよかったです。実写は見てますが、原作は未読。大阪編は人気があるんですね。CGの人間が嫌いなんですが、妖怪型の星人たちや武器やアクションはCG向きでした。妖怪大戦争みたいだったので、海外でもウケるかも。しかもおっぱいまつり…ww。見てよかったです。
「ハドソン川の奇跡」オチも知られている中でどういう展開になるのかと思っていましたが…特になかった。検証委員会は雑だったなあ。録音もっと前に聞いてるはずだけど、その場で感動したって…。といえども、毎回自分も乗ってる気になってドキドキしてたのは事実で興奮してました~。ただ2回も同じこと見せられてもなあ。ローラ・リニー演じる妻がイマイチわかんないキャラでした。
(C) 中澤日菜子・講談社/2016映画「お父さんと伊藤さん」製作委員会


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る