So-net無料ブログ作成
検索選択

アニメーションあたり年  「ソング・オブ・ザ・シー」  [映画]

ソング_R.jpg前回以降
ハイヒール革命!」
「月光」
「黒い暴動[ハート]
「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」
「野生のなまはげ」
を見ました。
「ハイヒール革命!」はにじいろ映画祭の関係もあり、試写で見せていただきました。ドキュメンタリードラマを混ぜ合わせた作品で、どちらかというと当事者の苦労話というより母親の人徳の素晴らしさが際立っていたように思います。名言もたくさんあり、当事者より教育関係者、周りの方々に見てもらいたい作品です。
「月光」も性犯罪被害者の話ということで、興味を持って行きました。が、なぜ主人公をそういう設定にしたのかが、あまり理解できませんでした。ごく普通の人が被害にあうほうが共感度が高いと思われます。犯人というかその人の末路も納得できませんでした。
「黒い暴動[ハート]」はガングロ映画としては興味なかったのですが、出演者と予告見たらおもしろそうだったので、見ました。単純に楽しかったです。
「ソング・オブ・ザ・シー」予告みて、たまらなく愛おしい絵に惹かれていきました。平面的な2Dの絵柄がCGアニメーションとの差を歴然と見せてくれます。キャラ、絵力が素晴らしく、アザラシのかわいらしさもさることながら、フクロウたちに激萌えしました。
お話はアイルランドの昔話で日本とも通じるものがあります。魔女は宮崎アニメの影響も見て取れます。日本人なら絶対好きなタイプのアニメーションです。今年一推し!
「野生のなまはげ」は関わっているので、あまり推しすぎるとなんですが、新井監督の持ち味が長編でも活かされていて、とても楽しい作品に仕上がっていました。まだ上映が全国で続いていますので、見かけたらぜひ。バカバカしいほど楽しいです。
(C) Cartoon Saloon, Melusine Productions, The Big Farm, Superprod, Norlum

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

メッセージを送る